release

Letting Up Despite Great Faults / Neon

RYECD191

ABOUT

2005年にMike Lee(Vo/Gt)のベッドルーム・プロジェクトとして始動。その直後に、ロサンゼルスでKent Zambrana(Ba)に出会いバンド編成での活動を決意。メンバーチェンジを経て、現在はAnnah Fisette(Key/Vo)、Daniel Schmidt(Dr)を加えた4人編成で活動中。2006年に7曲入りEP『Movement』を、そして2009年にデビュー・アルバムとなる『Lettig Up Despite Great Faults』を自身のレーベルかからリリース。Rolling StoneやPitchforkといった海外主要メディアからも絶賛され、その後も世界中のプレスから「このバンドのドリーミーなエレクトロニカ・サウンドに首ったけ」や「パーフェクトなドリームポップ」等と高く評価され、2010年には同作が日本でもリリースされ大ヒットを記録。2012年には2ndアルバム『Untogether』をリリースし、同年2度目となるジャパン・ツアーでは東京公演がソールドアウトするなど日本でもその人気も確立させている。


TRACKS

  • 01. Shift
  • 02. Wrapped
  • 03. Automatic
  • 04. Gold
  • 05. Yours
  • 06. Bishops
  • 07. Disappear
  • 08. Gravity
  • 09. Ecru
  • 10. Ride (BONUS TRACK)
  • 11. Bent (BONUS TRACK)


SOUNDCLOUD







販売価格
2,376円 (税176 円)
在庫状態 : 在庫有り
数量
Simple Share Buttons