ARTIST

DOMESTIC

number0

吉津卓保、小林良穂、藤井保文、青葉聡希の4人組。2007年、Rallye LabelよりEP「sero」をリリースし、デビュー。2010年には1stアルバム「Chroma」をリリース。同年レーベルメイトである宮内優里、 Guther(morr music)の3組で全国ツアーを 行い、イギリスの人気バンド、Kyteの全国ツアーにもオープニング・アクトとして参加。Sigur RosやAlbum Leafといった海外のバンドともリンクする高い音楽性、楽器に縛 られない自由なアレンジとパフォーマンス、映像を使ったステージ演出が各地で高い評価を獲得。また、リミキサーとして国内外のアーティストのリミックスを 手掛ける他、ファッション・ブランドSupport Surfaceの東京コレクションでのパフォーマンスに、KyteやA Red Season Shadeといったバンドのミュージック・ビデオの制作など、多方面でもその才能を発揮。2012年3月には、プロデュースに堀江博久氏 (pupa/the HIATUS)、エンジニアに美濃隆章氏 (toe)を迎えた新曲「Returning」を含む4曲入りEPをリリース。ポストロックの枠を大きく超えたそのサウンドと、ナカコー (iLL/LAMA)やSpangle Call Lilli Lineといった豪華アーティストによるリミックスが大きな話題を集め、限定500枚の同作は完売。大きな期待が集まる中、2012年4月に2ndフル・ アルバム「PARALLEL/SERIAL」をリリース。アートワークはEPに引き続きEfterklangの一連の作品を手掛けるデンマークのデザイン チーム、Hvass&Hannivalが担当。現在は活動休止中。

http://number0.jp/

MUSIC VIDEO
CONTACT
0
Simple Share Buttons